わんにゃんレスキューはぴねすの活動内容

はぴねすの紹介

IMGP4669私達は福岡県内のセンターに収容され、期限の切れた犬・猫たちを団体譲渡してもらい、新しい飼い主を探すボランティアチームです。

少人数のボランティアチーム

犬猫 が好きで理不尽に消されていく小さな命を1つでも多く助けたい!

そのために、自分に何か出来ないかと集まったたった数人のボランティアチームです(^o^)

私たちはシェルターを持ってるわけでもなく、自分の働いたお金で、自宅に可能な限り、命を消されかけている犬猫を保護し、身体と心を
ケアし、新しい飼い主様とのご縁をつないでいます。

飼い主に捨てられ、保健所に収容され、拘留期限が切れ、処分されていく犬猫たち。

檻の中で、最後のその時まで、人間を信じてシッポを振る子。
恐怖と不安で、隅に固まり震えている子。

もう二度と、草の臭いを嗅ぐ事も
土の上を思いっきり走る事も
太陽の光を浴びることも
出来ずに
冷たい小さな箱の中で苦しい苦しい窒息死をさせられる。

この子達が何をしたの?

殺される為に生まれてきたんじゃない。

棄てるなら、飼わないで!

増えて困るなら、避妊をしてください。

言葉が話せなくても、私たちと同じ命。

どうか最後のその時まで、愛犬の側にいてください。

いつか、私達がこんな活動をしなくて良い世の中になることを願って、、、

私たちは、自分達に出来る精一杯、
消されかけた命をもう一度輝かせる為に、
頑張りたい。

皆さん、どうか、応援お願いします。